女性のヒゲ

ヒゲは何も男性だけの悩みではなく、30代~40代の女性にとっても悩みになります。最近は30代と言わず10代、20代の女性でもヒゲが濃くなりその処理に困るという話もよく聞きます。

男性がヒゲを生やす、生えてしまうのは仕方ない見方が基本ですが女性にヒゲがあるともなるとかなりショックではないでしょうか。『お肌をきれいに保つだけで精いっぱいなのにその上ヒゲまで生えてしまうなんて!』と頭を抱えることでしょう。

シミやニキビもお肌に大敵であるもののその色や薄さゆえファンデーションで隠すことは可能です。しかしヒゲ、特に濃いものになるとなかなか誤魔化しがききません。

 

女性にとっては「ないもの」であるはずのヒゲは何が原因で生えてくるのでしょうか。また、最近は若年でも生える人が多いのはなぜでしょうか。

 

男性ホルモン(テストステロン)がヒゲを作る

ホルモンの作用によってヒゲが生成される流れは前回の記事で説明しました(→ ヒゲと男性ホルモンの関係)。

簡単におさらいすると、男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼと結びついて悪玉男性ホルモンと名高いDHTに変化し、毛乳頭付近にある受け皿のレセプターに引き寄せられます。

そこでDHTは毛を成長させるIGF-1か、衰退させるTGF-βをつくり育毛or脱毛になるのでした。

DHTがIGF-1かTGF-βのどちらを作るかはわからず、遺伝やその他の要素により決まります。体毛が濃い個所には成長因子のIGF-1が多く見つかり、AGA患者の頭では脱毛因子のTGF-βが多く見られます。

毛と男性ホルモン

つまり、男性ホルモンのテストステロンが色々な過程を経て毛を成長させるか衰退させるかのどちらかだということです。

女性の身体にもテストステロンは存在しますが男性に比べれば10分の1から20分の1の量に過ぎません。女性の体内にあるテストステロンのほとんどは代謝されて美容ホルモンとも言われているエストロゲンになり、これが女性らしい身体を作る源になっています。

 

女性のホルモンサイクル

以前「フェロモン香水の効き目や効果は真実か」にも書いたように女性の身体は月経周期がありホルモン分泌の量がその周期により異なります。


引用元:女性のからだと女性ホルモン|ベルメゾン ほけんはっけん! http://www.hoken8dogs.jp/column/vol01.html

こちらの表では美容ホルモンであるエストロゲンとその量をコントロールするプロゲステロンの2つの分泌量がそれぞれの周期に合わせて書かれています。この2つのホルモン意外にも「オキシトシン」と男性ホルモンの「テストステロン」が分泌されています。

オキシトシンとテストステロンの分泌もこの表に入れると以下のようになります。

ホルモンサイクル

オキシトシンというホルモンが新たに登場しましたが、これは愛情を感じているときに多く分泌されるホルモンです。オキシトシン分泌が一番盛んになるのは母親が赤ちゃんに母乳をあげている時と言われています。つまり愛情を感じている時によく分泌されるもので、これによって心が落ち着いたり癒されたりします。

このホルモンサイクルは正常なもので必ずこの通りではないにしろ大方これに当てはまります。

今回は「ヒゲとホルモン」を中心に見ていきますので各周期の身体の状態・心の状態は見ずに、ヒゲの原因となるテストステロンに重点をおいて解説します。

 

通常テストステロンは表のように、一定量分泌されているもののその割合は低いです。これはエストロゲンをコントロールしているプロゲステロンが男性ホルモン・テストステロンの分泌量も同時にコントロールしているためです。

またグラフではテストステロンの量が一部減っている個所もありますが、通常その変動の幅は非常に小さいものです。

プロゲステロンによって抑制されたテストステロンは女性の体に体毛や筋肉を生成しますがその分泌量が少ないため男性のようにたくましくはなりません。

その代わりにエストロゲンが多く分泌され綺麗な肌を生成したり、ツヤのある髪を作ったり、丸みを帯びた身体をつくり維持します。

 

ホルモンバランス・サイクルの乱れ

プロゲステロンが分泌されないことによりテストステロンの抑制がうまくいかないと男性ホルモンの分泌量が多くなります。また、プロゲステロンが正常に分泌されていてもエストロゲンがうまく出されないと相対的にテストステロンの量が増えます。

テストステロンの量が増えると毛穴にある皮脂腺を刺激して、時にはこれが過剰になりニキビを作ります。そして「ヒゲと男性ホルモンの関係」でも説明したようにDHTに変換されたくましいヒゲを作ります。

つまりホルモンバランスやサイクルの乱れが濃いヒゲの原因になっているのです。ホルモンが乱れ、特にテストステロンが多くなる要因は様々です。

  1. 年齢
  2. ストレス
  3. 生活習慣

 

1.年齢による女性ホルモンの乱れ

ホルモン 年齢

女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)は年齢によりその分泌量が変化します。

この表のように思春期になるとエストロゲンの分泌が増え出し、性成熟期の20代でそのピークを迎えて徐々にその量が減少し、アラフォーで急激に落ちて更年期に入ります。

情緒不安定や疲労感などを伴う「更年期障害」とはホルモンの乱れ、さらに言うとエストロゲンの減少によるものなのですね(プロゲステロンも同時か少し早めに分泌量が減ります)。

30代、40代になると肌の悩み、薄毛、体毛やヒゲに悩む事が多くなるのは美容ホルモン・エストロゲンの分泌量が徐々に落ち始め、相対的に男性ホルモン・テストステロンの量が多くなることが原因と言えます。

2.ストレス

今日では女性が社会に出て働くことは当たり前になり、それゆえ職場でストレスを感じることも多くなりました。セクハラ・パワハラ・モラハラ、結婚や出産と仕事の両立、男性社員との仕事に対する意識の違いなどから思い悩み、ストレスにつながります。

職場以外でも専業主婦の方であれば家事をこなす孤独感、近所付き合いの面倒さ、子育てでは人に評価してもらえないことによる虚無感もストレスになります。

また自分自身はそれだと意識をしていなくても引っ越しや転勤といった環境の変化もストレスになっています。

過度のストレスは自律神経のコントロールと、脳下垂体ホルモン分泌の命令を出している視床下部に悪影響を及ぼし、その結果ホルモンバランスを崩し生理不順や体調不良を招きます。

3.生活習慣

レム睡眠 ノンレム睡眠

睡眠不足、運動不足、食生活の乱れ、無理なダイエットもホルモンバランスを崩す原因になります。

ヒトの睡眠時は深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」の周期を約1時間半かけて行い、女性ホルモンは最初の2回のノンレム睡眠時に大量に分泌されます。逆に言えば睡眠不足でこれが正常に行われないと女性ホルモンの分泌もうまくできないと言うことです。

よく「睡眠のゴールデンタイムは22:00~02:00」と言われていますが正しくは「睡眠開始から3時間」が重要で、睡眠の時間帯はあまり関係ありません(かと言って寝るのが遅すぎるのもダメです)。

 

また、運動によりホルモン分泌、ホルモンバランスを整えてくれる自律神経を刺激する事ができ、これにより正常な月経周期やターンオーバーがなされます。しかし運動不足では自律神経を刺激できず女性ホルモンの分泌が減りバランスが崩れます。

特にダイエットではヒトの三大欲求である食欲を無理に抑えるため大きなストレスになり先ほど説明した結果になります。身体に負担をかけるダイエットほど成功することは難しく、リバウンドしてしまう可能性も高いです。無理なダイエットでストレスを感じホルモンバランスを崩し、リバウンドで偏食・過食をしてさらにバランスが乱れるとなるとダメージは大きく、それを元に戻すのに時間がかかります。

 

改善できるのは生活習慣

ホルモンバランス・サイクルを乱す原因として3つ挙げましたが年齢とストレスはどうしようもありません。よく「ストレスを感じないようにしよう」と言いますが人は常に何らかのストレスにさらされており避けることはできません。

つまりホルモンバランスやそのサイクルを正常にしてテストステロンを抑制するためには生活習慣を改善することが一番なのです。

  • 十分な睡眠:6~8時間程度
  • 栄養ある食事:ビタミンやイソフラボンもしっかりと摂る
  • 適度な運動:就寝3時間前くらいに無理のない有酸素運動
  • 禁酒:アルコールはテストステロンの分泌を高めます
  • 禁煙:エストロゲンの分泌量が少なくなります

 

お酒とタバコとホルモン

タバコ

生活習慣の中でもお酒とタバコによるホルモンへの影響は大きいです。飲酒については週に数回、適度な量ならばなんら問題ありませんがほぼ毎日飲むのは好ましくありません。

タバコは言うまでもなく何一つ良いことはありません。おそらく喫煙する人で、週に2、3日は喫煙の日と決めて他の日は吸わない習慣にしている人はほぼいないでしょう。毎日の喫煙は正常なホルモン分泌にとって大敵です。

飲酒とテストステロン

1994年に科学雑誌・ネイチャーに掲載された論文によると、Peter Erickson博士はフィンランドの研究センターで87人の女性を被験者にして実験を行い、お酒を飲んだ後の体内のテストステロンの量を計りました。

その結果テストステロンの数値は上昇しており、特に実験前に低用量ピルを服用した被験者の数値はより高くなりました。

→ Acute effect of alcohol on androgens in premenopausal women.

 

この実験はお酒を飲んだ後のテストステロン数値を計ったもので、この一時的な数値の上昇がすなわち女性のヒゲが濃くなる原因になるわけではないと思います。

しかしアルコールを飲みテストステロンが増えることが習慣化すればこれによって男性化することも十分考えられます。

適度な飲酒は血行を良くしたり疲労回復、ストレスの解消、食欲を促す効果がありますが適量を越えると身体にとって負担になります。最低でも週に3日は肝臓を休ませる休肝日を取るようにしましょう。

ちなみに女性の1日のアルコール適量は20gで

  • ビール:中ビン1本
  • 日本酒:1合
  • ワイン:ワイングラス2杯
  • ウイスキー:ダブルで1杯
  • 缶チューハイ:1缶350ml+ちょっと

くらいが目安です。種類によってアルコール濃度が違いますがこれを越えない範囲で楽しみましょう。

タバコのホルモンへの影響

タバコ ホルモン先ほども言ったようにタバコは身体にとっていい影響はありません。

女性の身体では卵巣で男性ホルモン・テストステロンがつくられて、これが「アロマターゼ」と言う酵素物質と結びつくことで女性ホルモンのエストロゲン(エストラジオール)に変化します(主に更年期)。

しかしタバコに含まれる成分はこのアロマターゼの活動を阻害します。

また更年期ではなくてもタバコ成分がエストロゲンの生成能力を低下させるため卵巣内の「卵胞」が育ちにくくなります。

もちろんエストロゲンの生成量がすくなるなるのでホルモンバランス・サイクルが崩れて心身に影響します。

さらにはテストステロンがそのまま身体に残るので体毛やヒゲが濃くなる原因になります。

 

大人になるとストレスを感じる機会も増えます。これを少しでも減らそうとお酒やタバコに走るのは悪いことではないと思います。

そのどちらも人との「コミュニケーション」としての機能もあり、それを通じて上司や同僚、後輩と仲良くなることだってあります。なのでそれ自体を否定はできません。

しかしホルモンバランスへの影響に関して言えば、特にタバコはそれを崩し体毛が濃くなる原因にとどまらず女性としての機能低下につながります。

もしもあなたが喫煙者なら、生活習慣を改善する上で一番最初に取り組むべきことは禁煙です。今すぐピタッとやめることはできなくても喫煙に代わるストレス解消法を探しながら禁煙に入り、卒煙しましょう。

 

すでにできてしまったヒゲの処理と対処

とりあえずホルモンバランスが崩れるとヒゲが生えるのはわかりましたが、すでに生えてきてしまったヒゲはどうのように処理すればいいのでしょうか。選択肢は2つです。

  • 剃る
  • 抜く

「剃る」と「抜く」はヒゲを見えにくくする意味では同じですがそれぞれメリット・デメリットがあります。

剃る

メリットとしては痛みを感じず、簡単に処理できることでしょう。おそらく女性なら身体のムダ毛処理用のカミソリを持っていると思いますのでそれを使っても構いません。

デメリットは毛を根元から剃ろうとするとどうしても刃が皮膚にあたり、これによってお肌がダメージを受けてトラブルの原因になります。したがってあまり力を入れずに剃り、アフターケアはきちんと行いましょう。

産毛程度のヒゲでしたら剃って目立たなくなりますがあまりにも濃いと「青ヒゲ」のようになってうのもデメリットです。

異常に濃いと感じる場合は多毛症につながる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の可能性もあるので恥ずかしがらずに受診しましょう。

抜く

毛根からごっそりと抜いてしまうので肌に薄らとした黒色が残らないのがメリットです。

デメリットの方が多く、毛を抜くと毛乳頭がさらに強い毛を生成するように命令を出すことがあり、次に生えてくるときはより濃いヒゲになり得ることです。しかも痛みを感じますし、毛穴が開いてしまいそこから雑菌が入ると炎症やニキビのを起こします。

数本程度でしたら抜くことで対処できますが多いとそのリスクも広範囲に広がります。

毛根から完全に処理してしまいたいなら脱毛エステやサロンに行くことをおススメします。お金も時間もないのでどうしても自分で抜きたいと言う方はリスクを承知の上でこちらを参考にしながら処理しましょう(→ 毛抜きは青ヒゲの原因になるのか)。

 

ヒゲへの対処法

ヒゲ 対処

処理は一時的な方法に過ぎず、しばらくするとまた生えてきます。

そのためヒゲへの対処としては剃る・抜くなどの処理をしつつファンデーションでその部分を隠し、なおかつ根本的な原因である生活習慣を整えることが大事です。

もしもお化粧で隠せる産毛程度のヒゲでしたら無理に処理する必要もありません。隠しつつ規則正しい生活を送っていればまたすぐに目立たなくなります。

剃ったり抜いたりした後にファンデーションをつけるのは構いませんが、なるべくその前に冷水で処理した個所を冷やして毛穴をキュッと引き締めてからにしましょう。毛穴が空いた状態で化学物質が入るとトラブルを起こしてしまいます。

イソフラボンで対処

ホルモンバランスを改善するために摂取すべきものは多くあり、ここではその中の一つイソフラボンをご紹介します。

当サイトでは何度も紹介しているイソフラボンは女性ホルモン・エストロゲンと非常に似た性質で美容の世界ではよく知られた成分(食べ物)です。美容だけでなく更年期障害の改善に必要な栄養素のうちの1つとしても活躍します。

イソフラボンの摂取量の目安は1日で30~40mgと言われています。多くても70~75mgに止めないとかえって悪影響を及ぼします。イソフラボンを含む食べ物とそれの含有量を見てみましょう。

  • 納豆(金の粒・ほね元気45g):33mg
  • 豆腐1丁300g:80mg
  • 味噌汁(味噌12g):6mg
  • 枝豆50g:5mg
  • 煮大豆100g:72mg

基本的に大豆の料理はイソフラボンを含んでいますがその含有量は異なります。

イソフラボンどれか一つの食べ物から30~40mgを摂取しようと考えるのではなく、いろいろと組み合わせその全体量で摂取しましょう。食事は一つの成分だけが大事なのではなく栄養バランスが大切です。

また一日70~75mgのうちサプリメント・特定保健用食品で摂取しても良い量は30mgまでです(食品安全委員会より)。

女性の体にはもともとエストロゲンが多く分泌されており、この数値が高すぎるとガンなどのリスクが大きくなります。何でも過剰に摂りすぎるのはよくありません。上記の目安をしっかりと守って摂取しましょう。

 

余談ですが飲み会にいくならその場で枝豆と豆腐は食べた方が良いのかもしれませんね。アルコールによるテストステロンの上昇と同様イソフラボンも摂取すればバランスが大きく乱れることもないのかなと思います。

これはあまり気にしなくていいです。

 

以上見てきましたように 女性のヒゲが濃くなるのはテストステロンの増加やホルモンバランスが崩れるのが一因で、これを正常にするためには生活習慣を改善する必要があります。

生えてしまったヒゲは剃るか抜くかして処理するしかありませんがこれから生えてこないようにしっかりと対処していきたいですね。

 

女性のヒゲとホルモンの関係、処理と対処法まとめ

b03強力な男性ホルモン・テストステロンは女性の身体にも存在し、この分泌量が高まると体毛やヒゲが濃くなります。

ただ、ヒゲにはテストステロンだけが影響していると言うよりはホルモンバランスやそのサイクルも含め体系的に関係しています。ホルモンバランスは年齢、ストレス、生活習慣によって乱れますが生活習慣を改善することによりこれを正常化させることもできます。

女性ホルモンの乱れからすでに生えてしまったヒゲは剃る、抜くことで処理できますがそのデメリットも考慮しながら行うべきです。生活習慣の改善ですぐには毛が薄くならないのでお化粧で隠しつつ処理して対処する必要があります。

美容の世界で名高いイソフラボンは疑似女性ホルモンとして活躍しますが1日の摂取の目安が決まっています。濃いヒゲに対処するためホルモンバランスを正常にする適切な量を摂り、ヒゲとさよならしましょう。