医療レーザーやニードル脱毛を希望するならクリニック・美容外科に通うことになりますが、フラッシュ(光)であればエステサロンで受けることができます。

フラッシュ脱毛は痛み、刺激が小さくてそれを受けた後に炎症などの肌トラブルが起こりにくいので皮膚を綺麗な状態に保ちつつ毛を処理したい方におすすめです。

b244

痛みが小さいので脱毛が頻繁に必要な方、つまりすね毛や腕の毛など産毛の処理が必要な女性にとっては医療レーザーよりもエステサロンのフラッシュ脱毛の方が向いていると言えます。

そもそも肌を綺麗にするためにエステに通うのですから、強い出力で永久脱毛を目指す医療脱毛は本来の目的に少し遠回りをする印象です。

ただし、痛みが小さくて肌を綺麗な状態に保ったまま脱毛する分、フラッシュでは永久脱毛の効果はありません。

 

ヒゲの場合その濃さ、太さ、頑丈さゆえに脱毛することすら難しい場合もあります。

では、仮にエステサロンのフラッシュ脱毛を受けた場合の効果とそれにかかる料金・費用はいくらになるのでしょうか。

 

フラッシュ脱毛のおさらい

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は主に2種類方法がありほとんどのエステサロンではIPLかSSCのどちらかです。

  • IPL:インテンスパルスライトの略で瞬時にして光を当てると言う意味で、その意味合い通りラメラのフラッシュのような一瞬の光で毛にダメージを与えます。それゆえフォトフラッシュと呼ばれる事もあります。
  • SSC:スムーススキンコントロールの略で事前に脱毛効果があるミクロカプセルが入ったジェルを顔に塗り、そこへフラッシュを当てることでカプセルがはじけて脱毛を促します。脱毛だけでなく美容の効果もあるのでエステサロン向きの方法です。

SSCで使用する機器やジェルは業務用なので手に入れることはできません。一方IPLは業務用機器もありますが、ケノンやエピナードと言った家庭用脱毛器でもこれが採用されています。

つまりエステサロンで受けるフラッシュ脱毛の効果を自分でも出せます。しかしやはりプロに行ってもらい、専用のアフターケアをしてもらえる点で差があります。

 

フラッシュの仕組みと効果

フラッシュ脱毛の仕組みは医療レーザーとほとんど同じで、違うの出力や効果です。フラッシュ、医療レーザーでの仕組みは先ほどご紹介した記事を参照していただくとして、ここでは簡単に動画でみてみましょう。

 

左がフラッシュ、右がレーザーです。

何が異なるかと言いますと、フラッシュではレーザーと違い複数の波長の光が肌に届きます。動画ではフラッシュの方が肌の浅い位置までしか届いてませんが、近年の脱毛器はかなり高機能になっておりレーザーとほぼ同じようにしっかりと毛を処理することができます。

フラッシュ脱毛は1回で照射する範囲がレーザーに比べて広いので少ない照射数で施術を終えることが可能です。特に全身脱毛など広範囲を脱毛する際はどうしても照射数が多くなるので、そのような場合に照射口が広いフラッシュは有利です。

出力はレーザー程高くないので痛みや肌へのダメージをほぼなくせます。フラッシュはもともと医療美容でもシミやそばかす、たるみの改善でも使用されている機器ですのでフラッシュ脱毛を受けるとそれらの作用もオマケ程度ですが期待できます。

 

フラッシュ脱毛の料金・費用

レーザー脱毛の料金はクリニックによって様々でしたがサロンのフラッシュ脱毛はそれ以上に様々です。

たとえば、つい先日私の友人がエステサロンでヒゲ脱毛をしてもらっていると聞いたのですが、料金は1回で5,000円だと言っていました。口周り、あごなどの部位は分けられておらず1回の脱毛で髭全体をやってもらえるようです(場所は大手ではなくネットで検索してもホームページが出てこないような地方の小さなエステサロンでした)。

その他ヒゲ脱毛を行っているエステサロンの料金を比較してみましょう。

髭全体1回当たりの料金 髭全体
アリッサム 25,000円 25,000円(1回)
BOWZE 36,000円 36,000円(1回)
脱毛ラボ 19,352円 19,352円(1回)
リンクス 5,980円 59,800円(10回セット)

こちらの料金は全て初回限定キャンペーンの料金ではなく通常料金を掲載しています。料金を見る時のお決まりですが、セットやコースで申し込むとかなり割引きされたりと色々なのでこの通りではありません。

一概に相場が言えないのが各社の料金プランですが強いて言うなら髭全体・1回の処理で5000円前後が相場と言ったところでしょうか。完全に脱毛するためには数回のケアが必要になり1回で終了することはありません。

 

毛周期と脱毛の関係

フラッシュ脱毛において1回のケアで完全に脱毛されることはありません。これはフラッシュに限らず医療レーザーでも同じです。なぜならばフラッシュもレーザーも毛周期というサイクルにおいて成長期にある毛だけしかうまく脱毛できないからです。

毛周期とは毛が抜け、生えるの繰り返しのサイクルのことです。以下のように5つの段階に分けられます。

  1. 成長期初期
  2. 成長期中期
  3. 成長期後期
  4. 退行期
  5. 休止期

 

1.成長期初期

主に体毛では、毛1本を見たとき皮膚より外に顔を出している長さは全体の3分の1程度と言われており、残りの3分の2は皮膚の下(毛穴の中)に隠れています(ただし部位により大きく異なります)。毛が見えている3分の1の部分を毛幹、隠れている部分を毛根と呼びます。

毛をぬいた時によくわかると思いますが毛根の一番下で丸く膨らんだ部分を毛球と言い、普段はこれが毛穴の組織である毛乳頭とくっ付いています。

成長期初期ではまだ毛穴に『毛』は存在しておらず、毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込み髪の種である毛母細胞が活性化して細胞分裂を起こしている状態です。植物の種のように芽を出し始めたような状況で、硬い毛へと成長する準備段階です。

 

2.成長期中期

髪の種である毛母細胞はその後も細胞分裂を続けて分裂した細胞が皮膚の上に上にと押し上げられていき、それらの部分は徐々に水分が失われて硬い毛へと変化していきます。

このように細胞が水分を失い硬い毛へと変化することを角化と言い、普段私たちが目にする毛は全て角化されたものです。成長期中期では細胞分裂と角化によって細胞が毛穴から押し出され皮膚表面で毛として機能し、私達の触感機能などを助けます。

この頃はまだ細胞分裂(毛の成長)が続いている状態で、毛球が毛乳頭にしっかりと着いた状態です。また毛が大きく成長できるように毛穴も今までより大きく広がります。

 

3.成長期後期

成長期後期では大幅に細胞分裂の速度が遅くなります。すなわち毛の伸びるスピードが遅くなっている状態で、間もなくその毛穴のでの毛の成長がストップする時期を迎えます。

 

4.退行期

退行期に入ると毛を生えやすくするために大きくなっていた毛穴も徐々に小さくなっていき、毛球が毛乳頭から離れ始めます。この時点では毛の成長は完全にストップしておりそれ以上伸びることはありません。

ただ、毛穴から離れていくのはあくまでも毛そのものだけで毛乳頭やその他の毛穴組織が取れていくわけではありません。

5.休止期

休止期では毛が毛穴から完全に抜け落ち、毛穴はさらに小さくなります。毛幹は全くない状態ですが今後毛が生えないわけではなく、新たな成長期初期を迎えるための準備がされています。

 

脱毛が有効に作用するのは成長期のみ

以上の5つのサイクルの中でフラッシュやレーザー、ニードル等の脱毛施術が有効なのは成長期の毛のみです。なぜならば脱毛は毛にダメージを与えるとと同時に、毛をつたってこれと密着している毛穴組織(毛乳頭や皮脂腺など)にも働きかけることで『抜け落ちる』という仕組みだからです。

逆に言えば毛と毛穴組織が密着していない時期である退行期や休止期は毛にダメージを与えることは可能ですが、毛乳頭などには作用させることができないため意味がない脱毛になってしまうのです。

そして存在する毛のうち、どれくらいの毛が『成長期』途中であるかも重要です。

 

部位別の毛周期

部位によって異なりますが、現在ある体毛のうち成長期途中にあるものは全体の約20~30%と言われています。

  • :成長期3か月~半年、成長期の毛の割合は約30%。ただし年齢や個人差による差が非常に大きい。
  • 胸毛:成長期は3から5か月、成長期の毛の割合は約30%。
  • お腹:胸毛と同じ。
  • :成長期3~4か月、成長期の割合は約20%。
  • すね毛:成長期3~半年、成長期の割合は約20%。

つまり1回お店に通ってフラッシュを照射してもらった時に有効に脱毛できるのは『成長期の毛の割合』とほぼ同じで、髭の場合でしたら約30%が脱毛できると言うことになります。1回目で全体の30%が脱毛でき、2回目でまた30%、3回目でまた30%です。

そうなると約3~4回の回数で完全に脱毛できるように思いますが、成長期途中にあっても必ずうまく作用するわけではないのが脱毛の難しいところです。これはフラッシュでもレーザーでもニードルでも同じです。

特に髭の場合はそれ自体が非常に強い毛ですので何度も何度も照射する必要があります。

脱毛に回数がかかってしまうのは毛周期とこのような理由があるからなのです。そのため綺麗さっぱり脱毛できることを希望するなら、少ない回数でなんとかしようと思うのではなく気長に回数をかけて通うのが最も適切なのです。

 

 

おおよその必要回数は?

あくまでのおおよその回数で言うと、医療レーザーの場合は髭が薄い・普通の方で8~10回が目安と言われています。濃い方は10~20回で、ほとんどの方は5回目くらいから脱毛の効果を感じられるようです。フラッシュの場合もだいたいこれと同じです。

b247

フラッシュ脱毛で何回脱毛すればツルツルスベスベになるかの基準はお店によります。おそらくサロンによっても脱毛完了の解釈に違いがあったり、また出力の違いもあると思います。個人的にはフラッシュで5回前後で脱毛完了してしまうというのはかなり早い印象です。

脱毛料金は基本的にどこも回数を基準としたプランが用意されており、1回のみの処理なら大きな金額ではありませんが回数を重ねるとなると数万、数十万になります。なので、できれば以下の様なプランが組まれているお店が良いでしょう。

 

無制限や大幅割引があるサロンがおすすめ

ツルツルスベスベになるほど脱毛したい場合は減毛程度を希望する場合に比べてかかる回数が多くなります。またレーザーでもフラッシュでも一度ツルツルになったら二度と生えてこないのかというとそうではなく、時間が経つと以前より量は少なくなりますがまた毛が再生します。

そのため希望していた程度の効果を得られたとしても放っておけばまた前の状態に戻ってしまうため、セット回数やコース終了後もできるだけ脱毛処理を受け続ける必要があります。

そんな場合、どうしても気になるのが『費用』です。

例えば顔全体の脱毛で1回10,000円、10回セットで10,000円のコースがあったとして、ツルツルを維持するなら11回目以降も処理を受ける必要があるのでその度に10,000円を支払う必要があります。毎回10,000円は大きな負担です。

それを避けるために、コース・セット回数終了後も受ける必要があるならば初回に料金を払えばその後永久に脱毛を受けたい放題の『無期限・回数無制限』コースがあるサロンを選ぶか、コース終了後は料金が大幅割引されるところがおすすめです。

ただ、残念ながら『無期限・回数無制限』のコースを取り扱ってるサロンは現在ありません。

一方、大幅割引で言うと【フラッシュ脱毛の料金・費用】のところで挙げたサロンの『リンクス』が指定コース終了後の料金を80%OFF、90%OFFでされています。リンクス以外でもこのような割引があるサロンはあるのかもしれないですが、大手・全国展開の脱毛サロンでは今のところそこだけです。

 

フラッシュ脱毛にかかる料金費用や回数と毛周期の関係まとめ

b03エステサロンで行われるフラッシュ脱毛は医療レーザー脱毛と仕組みは同じで最近はどちらの脱毛でも効果はあまり変わらないくらいになってきており、フラッシュの最大のポイントは痛みをほぼ感じない点です。

それゆえ基本的に皮膚のトラブルを伴わないので肌を綺麗にしたまま脱毛したい方にマッチしています。

料金はお店によってバラバラでキャンペーン、部位、回数により同じお店でも大きく異なります。料金が安いからと言って飛びつくのではなく、コースやセット回数後も脱毛が必要になることを頭に置きつつサロン選びをしましょう。

脱毛完了までにかかる回数は希望する程度や人によって様々なのでカウンセリングの段階で回数と予算をしっかりと確認しておきましょう。