クリニック、サロンで脱毛してもらう際には「医療レーザー、フラッシュ、ニードル」のうちのどれかを使用します。これらを使わない脱毛方法もありますが一般的ではありません。

どの手段も脱毛を目指すことに違いはありませんがその方法が違えば効果も少し違います。

フラッシュ 医療レーザー ニードル 違い

今回は医療レーザー、フラッシュ、ニードルのそれぞれの方法で具体的にどのように毛に作用して脱毛するのかを見ていきたいと思います。作用の仕方がわかれば自分が必要としている脱毛(ツルスベにするのか減毛にする)にはどの種類が適切なのかがわかりクリニックやサロン選びの参考になります。

ご自身の大切な身体に刺激を与えることなのでしっかりとその違いを把握しておきましょう。

 

脱毛の範囲

それぞれの具体的な内容を見る前に簡単に脱毛の範囲を見ておきましょう。

  1. 医療レーザー:クリニック、美容外科で使われる
  2. フラッシュ:エステ・サロン、またはクリニック・美容外科で使われる
  3. ニードル:基本的にクリニック、美容外科のみで使われる

以前は高い効果を出すなら医療レーザーかニードルが基本でしたが、最近はフラッシュ脱毛機器の機能も向上しておりレーザーもフラッシュもほぼ変わらないくらいの効果が得られるようになりました。

ニードル脱毛に関しては一部エステ・サロンでも使用されていますが、クリニックとは違い医師が在籍していないためトラブルの際にその場で処方は受けられません。そのエステ・サロンが提携している医療機関を紹介してもらうか自分で探すかになります。

医療レーザー クリニック

1.医療レーザー

医療レーザーは名前の通り医療機器なので保健所が使用許可を出しているクリニック・美容外科でしか使用はできません。

クリニックで脱毛をしてもらう場合ほとんどが医療レーザーによるものです。もともとはシミ・ソバカスを除去するために使用されていましたが、そのメカニズムが脱毛にも応用できるため今日ではレーザーの施術が基本になっています。

レーザーによる脱毛のメカニズム

医療レーザーは黒色のメラニン色素のみに働き毛自体が発熱します。レーザーのエネルギーを吸収した毛が熱を持ち結果毛乳頭や皮脂腺などの組織がダメージを受けて破壊されます。逆にメラニンが色素がほぼない部分には反応しないため、関係ない組織(皮膚表面など)を傷つけてしまうことはありません。

毛が熱を持つので痛みを感じることがありますが、毛の太さや濃さによって感じ方が違うためどれくらいの痛さかは一概に言えません。ただし髭やVIO部分などの痛みに弱い個所は誰が受けても痛いと感じるでしょう。

髭脱毛 仕組み

直接毛乳頭を狙って刺激を与えるわけではないので、毛が抜けても完全に破壊できていないことがあります。ただレーザーの照射は毛周期を考えて1、2か月間隔を置き、また毛が生えてきた時にダメージを与えるので繰り返し毛乳頭を損傷させることができ永久脱毛の効果が高まります。

医療レーザーで施術してもらった当日は毛穴が赤みをおびたり、翌日以降毛包炎になることもあります。

クリニックによってはこの予防、処方として軟膏薬を塗ります。場合によってはそれがないことがありますが、カウンセリングの段階で市販薬で対処していいのかなど説明していただけます。

 

レーザーの種類

現在厚生労働省に認可されている医療レーザーは3種類です。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • YAGレーザー

日本のクリニックではややアレキサンドライトが多いようですが、どちらもその設置数は変わりません。またその効果もほとんど同じです。

 

アレキサンドライトレーザーは真皮深部まで届き約0.003秒で毛に高熱を持たせて毛穴組織にダメージを与えます。熱を持たせるので痛みが気になりますがレーザー照射直前に冷却ガスを瞬時に噴射させて皮膚の感覚を鈍らせるため、通常感じる痛みが軽減されます。

産毛や細い毛にはあまり効果がありませんがヒゲ、胸毛などの濃い個所にはとても有効です。

メラニンに反応する性質上日焼けしている方、色黒の方は通常よりも痛みを感じやすいので使用できないことがあります。

医療レーザー ジェントルレーズ

アレキサンドライトレーザーを使用している機器としてはジェントルレーズ(プロ)、G-Max、エリートMPX、アポジーエリートがあります。

この中で最もポピュラーなのがジェントルレーズで、ジェントルレーズプロはこれの最新版です。

もちろん最新版であるジェントルレーズプロの方が優秀ですがまだこれを設置しているクリニックが少ないのが現状です。設置のコストがかかるという理由もありますが、正直なところ通常版のジェントルレーズでも十分脱毛が可能で照射の頻度を数回重ねればそのデメリットが潰せるのです。

そうして通常版の欠点をクリアしているのでプロを取り入れる理由がなく、導入しているクリニックが少ないのでしょう。

 

一方ダイオードレーザーは冷却ガスを使用せず、代わりに冷却ジェルを使用します。レーザーの照射口が四角なので肌表面での打ち漏れが少なくなり脱毛のムラができるのを防止します。

アレキサンドライトが細い毛、産毛にはあまり効果がない一方でこちらはそれらにもうまく反応し脱毛できます。

特にダイオードの場合痛みが少ないです。

アレキサンドライトレーザーは1000分の3秒という非常に短い時間で急激に熱を持たせて毛乳頭にダメージを与えるためその分痛みを感じます。しかしダイオードでは1000分の10秒以上のロングパルスで照射するため痛みを感じにくいです。

イメージ的にはアレキサンドライトはコンロの火のように急激に熱を持たせ、ダイオードレーザーは電子レンジのように時間をかけて熱を持たせる感じです。

レーザー ダイオード 脱毛

ダイオードレーザー使用の機器ではライトシェア(デュエット)が最もポピュラーで、その他キュリア(プラス)、ソプラノなどがあります。

ライトシェアはレーザーの際に肌を微妙に吸引or押圧(おさえつける)して光と毛の距離を縮めるためアレキサンドに比べてやや効果的に毛穴組織にダメージを与えられます。ほんの少しの吸引・押圧ですので痛みを感じるものではありません。

 

アレキサンドライトとダイオードの効果はほぼ同じですが、強いて言うならダイオードの方がほんの少し優れているのではないでしょうか。痛みについても髭の濃さ、肌の色により異なるのでこの通りではありません。

冷却ジェルを塗るのが好きではない方はジェントルレーズ、冷却噴射になれない方はライトシェアと言った感じです。

 

2.フラッシュ脱毛

IPL

フラッシュ(光)脱毛の多くはIPL(インテンスパルスライト)を使用しており、これは「瞬時に強い光を当てる」の意味です。脱毛の原理は医療レーザーとほとんど同じですが光の当たり方やそれによる脱毛の具合が少し違います。

 

左がIPL脱毛、右が医療レーザー脱毛です。

ご覧のようにフラッシュ脱毛は1回で広範囲にレーザーが広がるので照射回数がレーザーよりも少なく済みます。動画の中ではIPLの光が毛穴の途中までしか届いていませんが、近年のフラッシュ脱毛器は機能が高く毛乳頭付近までは届き、レーザーと同じように脱毛可能です。

ツルツルにするまでにかかる期間は医療レーザーよりも少し長くなるものの、痛みなしで満足いく程度に処理できるのでレーザー脱毛よりも人気です。
エステ・サロンで使用されるフラッシュはもともとシミ、くすみ、ソバカス、ニキビ跡などを改善するための美容機器でした。そのフラッシュに含まれる複合光がシミだけでなく毛のメラニン色素にも作用することから脱毛に応用されているのです。

またエステ・サロンだけでなくクリニック・美容外科でもIPLの機器を利用してところがあります。サロンに比べればクリニックのフラッシュの方が出力は強いですが、正直なところあまり大差ないように思います。シミによっては毛ほど頑固ではない色素の集まりなので弱い出力でもあっさりと消すことができるのです。

 

フラッシュ脱毛 波長

こちらはフラッシュ機器から発せられる複合光を可視化したものです。機器によって違いますがフラッシュはおよそ500nm(ナノメートル)~1200nmの光を含んでおり、その広範囲の波長で先ほどお伝えしたような美容効果も得られるのです。

波長が短ければ短いほど肌表面で作用し、長ければ長いほど皮膚の奥にまで届きます。

 

毛(黒いメラニン)は波長が短いほどエネルギー吸収率が高く脱毛効果が高いとされています(レーザーの場合は吸収率が高すぎると火傷につながるのであえて吸収率が低めの700nm付近の機器を使用します)。

また短い波長は黒いメラニン色素だけでなく酸化ヘモグロビンと言った赤色にもよく吸収されるので医療現場では赤ら顔の改善にも効果があります。もちろん皮膚の浅い位置にあるシミ、色素沈着にも効果的です。

一方で長い波長はヒアルロン酸やコラーゲンを生成している線維芽細胞が存在している位置の真皮層と言うところまで届きます。フラッシュを受けることでエネルギーがここまで届けられ、細胞を刺激・活性化するため肌のシワやたるみの改善が期待できるのです。

本来フラッシュ脱毛機器はその名の通り脱毛だけに作用すればいいのですが、複合光を照射するという性質上シミ、シワ、たるみにも作用します。ただしフラッシュ脱毛器の場合あくまでも脱毛目的で製造されているので、脱毛以外の作用に大きな期待はできません。

脱毛以外の効果についてはその人の体質によるところもあるので、オマケ程度に考えておくのが良いでしょう。

 

SSC

SSCとはスムーススキンコントロールのことで肌に刺激を与えずに脱毛する方法で、敏感肌や乾燥肌で少しの刺激でもトラブルを起こしやすい人向けです。

皮膚の上に専用のジェルを塗ってその上からフラッシュを当てます。専用のミクロ分子を含んだジェルにはキク科、マメ科植物などから抽出した抑毛効果の高いフィリニーブという天然成分が入っており、フラッシュを受けることでこれが毛穴に浸透して抑毛作用を起こします。
フィリニーブの成分には肌を柔軟にする尿素、ヤナギエキスなどの成分が入っているため肌のキメが整う美容効果も期待できます。

SSCの効果は除毛、減毛、抑毛にとどまるものの敏感肌の方でも受けられ、美容と同時にそれらの処理ができるためエステ・サロンでは人気の脱毛方法です。

IPLに対してこちらは「美容・抑毛」を重視した方法と言えます。

 

機器の種類

IPL:エステサロンで使用される機器、LAVIE、エピナード、ケノン…etc.

SSC:エステサロンで使用される機器、M.S.F.Tクリプトン、P.Sクリプトン…etc.

 

IPLについては脱毛機に詳しい方ならご存知かもしれません。実は市販の家庭用脱毛器でもIPL方式を取り入れているものが多いです。上に挙げている3つは家庭用として非常に人気があるものですが、種類は全く同じです。

フラッシュ脱毛は照射によるダメージが少ないために個人でも扱うことが可能でなので私達でも手に取ることができる家庭用脱毛器として販売されているのです。部分的な脱毛ならエステ・サロンにいくよりも安く済むのでこれを使用する手もありですが、アフターケアも自分でしなければならないのがデメリットです。

 

SSC脱毛器はM.S.F.TクリプトンとP.Sクリプトンがありますがどちらも業務用なのでIPLのように個人で手に入れられません。専用ジェルのビーンズジェルも同じです。

SSC 脱毛

 

以上のようにフラッシュは刺激が少なく美容を意識しながら脱毛したい方に向いています。ただしヒゲに関していえば、身体の中でも最も強い体毛なので受けるならば医療用フラッシュか男性様に開発されたフラッシュ脱毛機器である必要があります。

例えば体毛を8回で施術してもらい完全脱毛できたとしても、髭は10回以上かかることもあります。それだけ髭は強い毛ですので、どのようなフラッシュ機器で脱毛するのかは重要になります。

 

3.ニードル

ニードル(針)脱毛は永久脱毛を目指すならもっとも確実な方法です。

脱毛の仕組みは原始的で、毛穴に針を通して先を毛乳頭(付近)に置きそこへ微弱な電流を流して組織を破壊します。組織に直接ダメージを与えるため効果は抜群です。

医療レーザーやフラッシュでは5回ほどの施術で効果が出ますが、ニードルでは1、2回で効果を感じられることがあります。

 

ニードル脱毛

毛穴に針を通すと言っても実際には刺す感覚とほとんど変わらないので痛みがあります。また刺した時の痛みだけでなく電流を流した時の痛みもありますのでこれを我慢しなければなりません。

とは言ってもニードル脱毛の際は注射麻酔か麻酔クリームをしようして痛みを感じないようにすることがほとんどです(麻酔の使用はクリニック・美容外科のみ)。

基本的に施術者は美容目的で針を刺す資格を持っている医師や看護師などに限られますので、予想もしないトラブルが起こることはほぼないでしょう。

 

針による脱毛方法

ニードルに使用されるのはチタンやゴールドと言ったアレルギー反応がないものや絶縁針を使用します。我々が知っているよりもさらに細い針を毛穴に一本一本入れていきます。

そして装置で電流の流しますが、その方法は3種類あり高周波法、電気分解法、ブレンド法に分けられます。

  • 高周波法:文字通り高周波の電気を針を流して毛穴組織、特に毛乳頭を固めてしまい二度と毛を生えてこなくさせる方法です。フラッシュ法という出力が高い方法だと毛1本につき0.01~1秒ほどの電流を流し、出力が低いマニュアル法では1~3秒ほどです。
  • 電気分解法:針に直流の電流を流して組織細胞に含まれている組織液を電気分解して、これによって自然にできる水酸化ナトリウムで毛乳頭その他の組織を破壊する方法です。水酸化ナトリウムはタンパク質を溶かすので脱毛効果が非常に高いです。
  • ブレンド法:高周波法と電気分解法を合わせたやり方で脱毛します。高周波による熱と電気分解で生じる水酸化ナトリウムの2つの効果でより確実に毛穴組織の破壊を目指します。

今日のニードル脱毛では電気分解法はほとんど行われておらず、この方法を取り入れているところを探す方が難しいでしょう。したがってニードルの電気脱毛は主にブレンド法を指します。

ニードル 絶縁針 脱毛

ニードルの種類

医療レーザーやフラッシュのようにニードルの針自体にも種類があります。

  • ニードル
  • 絶縁針

 

さきほど書いた通りニードルは金属アレルギーの方にも使用できるようにチタン、ゴールド製のものを使用します。

しかし針全体がそれらでコーティングされており、毛穴表面とニードルが触れているとここにも電流が流れて火傷の危険性があります。

ニードル 毛穴 電気

例え麻酔を使用していてもそれは痛みを感じなくするだけのものであり、火傷を防ぐものではありません。施術直後は痛みを全く感じなかったのに数時間後に痛みが出てくることもあります。

全ての毛穴表面でこのように電流が流れてしまうので肌が弱い方はダメージを受けてしまうでしょう。

 

一方絶縁針は毛穴組織にはニードルが届き、毛穴表面に触れる部分は絶縁材でコーティングしてあるため電流が皮膚に流れることなく痛みを感じたりトラブルになることもありません。

脱毛 絶縁針

絶縁針の使用は医療機関、つまりクリニック・美容外科でのみ許可されておりエステ・サロンでは禁止されています。

絶縁体があることで痛み、火傷のリスクがなくなるのでチタン・ゴールドのみのニードルでは出せない強い出力で施術することができます。そのため確実に毛穴組織を破壊し永久脱毛ができます。

 

毛穴に針を通すゆえの欠点

ニードルを毛穴の一本一本に通さなければならないため施術時間が非常に長くなります。

医療レーザーやフラッシュでは1回の施術が10~15分で終わるものがニードルでは1.5~2時間ほどかかります。

また針を通す技術や時間がかかるため料金も高めです。医療レーザーで10万円かかるのがニードルでは15万ほどと、だいたい1.5倍以上の価格になります。

 

料金のプランは回数か時間か本数のどれかです。

時間の場合は1分○○円という具合で、本数では1本□□円という形です。ニードルでは時間形式の料金プランが多いですが医院によって違うので各自チェックが必要です。

ニードル脱毛が受けられるエステ

メンズTBC

メンズTBC 髭脱毛

脱毛方法 ニードル
料金 初回体験1,000円
脱毛種類 全脱毛、デザイン脱毛
展開地 札幌市、仙台市、水戸市、群馬県高崎市、さいたま市大宮、川越市、柏市、千葉市中央、船橋市本町、川崎市、横浜市、渋谷区宇田川町、台東区、豊島区、目黒区自由が丘、墨田区錦糸、渋谷区代々木、新宿区、中央区銀座、町田市、立川市、長野市、静岡市、浜松市、名古屋市中村区、名古屋市中区栄、名古屋市熱田区、豊田市、新潟市中央区、金沢市、京都市、大阪難波、梅田、阿倍野区、都島区、神戸市中央区、姫路市、岡山市北区、広島市中区、福岡市博多区、福岡市中央区、沖縄県那覇市
効果 ほぼ永久
痛み あり
メンズTBC|公式サイト

ダンディハウス

ダンディハウス 髭脱毛

脱毛方法 ニードル
料金 初回体験5,000円
脱毛種類 全脱毛、デザイン脱毛
展開地 北海道、宮城、東京都、神奈川、埼玉、千葉、栃木、群馬、茨城、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡、熊本
効果 ほぼ永久
痛み あり
ダンディハウス|公式サイト

医療レーザー、フラッシュ、ニードルの比較

医療レーザー フラッシュ ニードル
種類 アレキサンドライト、ダイオード、YAG IPL、SSC 高周波法、電気分解法、ブレンド法
 永久脱毛 可能 可能 可能
 料金 高い  高い 非常に高い
期間 1~2年 1~2年ほど 2年ほど
効果 高い 高い 非常に高い
痛み あり、個人差あり ほぼなし 麻酔がなければ痛い
火傷等のリスク 多少あり ほぼなし あり

 

永久脱毛はクリニックならフラッシュ脱毛で出来ることは出来ますが、わざわざこれを使って施術することはないでしょう。

料金は医療レーザー、フラッシュ共に高いですがニードルはそれ以上です。したがって部分的に永久脱毛したい場合にニードルでお願いする形がお財布には優しいです。

痛みやトラブルのリスクはやはりフラッシュ脱毛が一番小さいです。逆に脱毛の効果が高いものはそのリスクが高まります。

どの脱毛方法がいいか

3つの脱毛方法の中でどれが一番いいのかは人によって異なります。何に優先順位を置かを考えて選んでみてください。

3つの脱毛方法

医療レーザーに向いている人

コスパ重視で医療機関という信頼あるところで施術を受けたくて、脱毛のためなら多少の痛みくらい気にしない方が向いています。

クリニック・美容外科で脱毛してくれる医院なら基本的に医療レーザーが置いてあるので選ぶ個所には困らないでしょう。

 

フラッシュに向いている人

とにかく痛いのは嫌で尚且つ脱毛効果もしっかりと得たい方です。また脱毛よりもどちらかというとお肌を美しく保ち、カミソリ負けや髭剃りの面倒さを軽減させたい方向きです。

敏感肌、乾燥肌で少しの刺激でもトラブルが起きやすい方にもリスクが少ないフラッシュ脱毛はおすすめです。

 

ニードルに向いている人

より確実な永久脱毛を希望していて痛みや費用は気にしないという方です。医療レーザー、フラッシュよりも早く効果を実感でき短期間で完了できます。

また部分的な永久脱毛をしたい方にも向いています。

ただしリスクがあるので、できれば過去に医療レーザー等の永久脱毛を経験したことがる方が受けるのをおすすめします。

たしかにニードルは効率が良いですが、実際のところ医療レーザーで十分に永久脱毛の効果を感じられます。それを試したけどより確実な施術を受けたい場合にのみニードルを選択するといいでしょう。

 

エステサロン 脱毛

今回脱毛方法の違いということで医療レーザー、フラッシュ、ニードルの3つを挙げましたが、ほとんどの場合医療レーザーかフラッシュのどちらかを選択すると思います。髭の痛みを我慢しながらの脱毛を希望するなら医療レーザーを、肌を綺麗に保ちつつ傷みなしで脱毛したいならフラッシュがいいでしょう。

ニードルは痛みやコストを考えると脱毛経験者向けですので、医療レーザーかフラッシュを受けた上でもっと完璧に脱毛したいと思うならニードルを選択してみてはいかがでしょうか。

どうしても最初からニードルがいいならそれでも問題ありません。自分に合っていると思う施術方法で脱毛しましょう。