湘南美容外科 口コミ

湘南美容外科クリニックで脱毛を受ける方は非常に多いです。

2013年には脱毛実績全国No.1らしいですからね。

それだけ施術数が多いと脱毛を受けた方々の口コミも多くなるわけで、プラスな意見やマイナスな意見が多く出てきます。

プラスの口コミについてはワタシ自身も通院者なので、どういう点がプラスなのかわかっているつもりです。例えば湘南美容外科の料金はかなりお得なことであったり、医院によって多少違うかもしれませんが医師や看護師の方の対応が親切だったりする点です。

ポジティブな口コミについてはこの2つが多いのではないでしょうか。

(ワタシ個人の口コミに関しては初回の通院後に書いていますのでそちらをご覧ください。
→ 湘南美容外科レーザー院の脱毛に行ってきました )

 

ネガティブ 口コミ一方ネガティブな口コミがあるのも事実です。

コースの回数内で思うように脱毛できなかったことや、脱毛の契約直後にお得なキャンペーンが始まって損した、など色々とあるようです。

100人が100人全員口を揃えて良い評判を言うのは非常に難しいので、マイナスな口コミもあって当然かと思います。

 

さて、口コミでプラスの意見、マイナスの意見あるのは結構ですが、その中でも少し気になるものがあったのでそれについてお話していきたいと思います。

気になる口コミとはこちら。

  • 湘南美容外科のレーザー出力は弱いので効果があまりない

ワタクシも通院する前にこのような口コミを見たので、その時若干不安になったのを覚えています。

この口コミ、事実なのでしょうか??

 

出力変更可能なジェントルレーズ

 

湘南美容クリニックではアレキサンドライトレーザーを搭載したジェントルレーズという機器を使用して脱毛を行います。

脱毛と言えばこの機器というくらいに王道なもので、湘南美容クリニックだけでなく様々なクリニックで使用されているレーザーです。

 

このジェントルレーズ、レーザーの照射出力は一定なのかと言うとそうではありません。

と言うより、一定の出力しか出せない機器など不便すぎるのでそもそも医療機関で取扱いしません。家庭用脱毛器ですら出力の変更は可能なのですから。

なので早々に先ほどの口コミの結論になりますが

  • 湘南美容外科の照射出力は弱いので効果があまりない

というのは事実ではありません

 

そして「出力が弱いから効果があまりない」という理解もあまり正しくありません。

では何が正しいのかは、脱毛機器の出力のお話を交えながら見ていきたいと思います。

 

毛の濃さによって反応が変わる

レーザー 毛の濃さ

湘南美容クリニックで使用するジェントルレーズは最大出力が18ジュール(18mm spot)です。出力が18に近いほど威力が強く、0に近いほど威力が弱いと考えてください。

( → ジェントルレーズ製品情報|シネロン・キャンデラ

しかし、脱毛施術でマックス18J(ジュール)を出すことはあまりありません。

なぜなら18J以上で照射すると火傷を起こすリスクがあるからです。ただし、必ず18Jで火傷をするわけではないんです。

 

この機器はレーザーの性質上、濃い毛にはよく反応し、薄い毛(産毛)にはあまり反応しません。

つまり男性の髭やわき毛の様な濃い毛に18Jで照射するとレーザーに反応しすぎて毛が必要以上の熱を持ち、火傷する可能性があるのです。髭の場合は12~14ジュールで十分効果を得られると思います。

一方、産毛では濃い毛ほど反応しませんので18Jの照射でも問題ないことがあります。おそらく薄さにもよりますが12~18Jで照射します。

要は濃い毛ほど弱い出力で十分効果があり、薄い毛ではそれ以上の出力でよく効果が出る、といった具合です。

 

したがって先ほど挙げた「出力が弱いから効果があまりない」と言う理解は半分正解で半分間違いなのです。

 

照射出力には基準がある

レーザー出力 脱毛

レーザーの出力基準は回数や部位によっても異なります。

例えば初回のレーザー照射の場合は○○~△△ジュールの間、2回目の照射は△△~□□Jの間、3回目は・・・と言う具合に、回数を重ねるごとに変更していきます。回数を重ねるごとに少しずつ出力を強くしていくのが一般的です。

ただ、回数だけで決めるのではなく脱毛部位によっても出力の基準があります。

例えば毛が濃いけども痛みを感じやすい髭部分やVIO部分は○○~△△ジュール、毛が薄くて痛みを感じにくいスネや膝部分は□□~××Jと言った感じです。

 

一概には言えませんが出力の目安はこんな感じです。

初回 2回目 6回目
濃い毛(髭) 6~8J 6~8J8~10J 12~14J
薄い毛(背中) 12~14 14~16 14~18J

このような出力の基準は各クリニックによって規定があります。

効果重視で高めの出力で規定すればそれだけ肌荒れのリスクが高まり、肌への負担考慮で出力を低めに規定すれば効果は弱まります。

どちらが正解、間違いではなく、こればかりは各クリニックの方針の違いだと思いますのでどちらでもいいです。

 

湘南美容クリニックの出力基準

湘南美容クリニック レーザー

では、湘南美容外科ではどのような規定になっているかですが、こればかりはわかりません。

通院したついでに聞くのもありですが、本来患者が知らなくてもいいことで、変に探りを入れている感じがして嫌なので聞きません(笑)。

ただ、初回のレーザー照射(髭)をしてもらった時に「今は5段階中の2で打ちます(5が最大)。」と言われました。そしておそらく湘南美容外科での髭脱毛では初回の最小出力は6ジュールです。

2ジュールずつの段階だと仮定すると

  • 5→ 14ジュール
  • 4→ 12ジュール
  • 3→ 10ジュール
  • 2→ 8ジュール
  • 1→ 6ジュール

なので、ワタシが初回に打ってもらった出力は8ジュールだと思います。

先ほど書いた通り髭はレーザーの反応が非常に良いので12~14ジュールで十分効果が期待できます。あくまでも仮定ですが、このような形で照射されているなら問題なしです。

もちろん部位によって違うのでご注意を。

 

アレキサンドライトとダイオードでは出力が違う

ダイオードレーザー言い忘れていましたがここで書いている出力の目安は全てアレキサンドライトレーザーでの話です。

医療脱毛機器・ライトシェアなどに搭載されているダイオードレーザーでは、脱毛効果に必要な出力がアレキサンドライトとは異なります。

例えばアレキサンドライトでは髭に12~14ジュールで対応しますが、ダイオードではそれ以上で照射します。

種類が違うので、同じ数値で比べることはできません。

 

出力の変更はお願いできるか

脱毛 レーザー 出力

なんとなくアレキサンドライトレーザーの出力について理解できたと思うので「湘南美容外科のレーザー出力は弱いので効果があまりない」という口コミは正しくないと改めてわかっていただけたと思います。

では、出力の変更ができるので、なるべく早く効果を出すために高い出力での照射をお願いすることはできるのでしょうか。

 

可能です。

ただ誤解してほしくないのは、こちらで自由に決められるわけではないことです。レーザー照射をする施術者の方と相談しながら決め、お願いすることが可能と言う意味です。

湘南美容外科 相談クリニック側ではどのように照射すれば効率が良く、尚且つ肌に大きな負担にならずに施術できるかを考えた上で出力を規定されています。

出力についてはクリニック側に任せるのが一番「効果的」なのです。

しかし、出力の変更には規定だけでなくこちらがどの程度痛みを感じているのかや、これまでの脱毛の経過も考慮されます。

そのように私達の様子の確認が必要な時に、こちらの痛みの具合などを伝えて「もう少し強い出力で照射してもらえますか」と相談(お願い?)するのが適切だと思います。

 

つまりクリニック側、施術者側の許容範囲内で出力の変更をお願いできるということです。

もちろん痛みが強いと感じたときは低いレベルにしてもらうことも可能です。

 

コースによっては回数が決まっているので、なるべく回数内で終わらせたく出力の希望をする方もいるかもしれません。

ただでさお高い費用でなのでなるべくコースの追加を避けたい気持ちはよくわかります。

そのような場合は出力を指定するのではなく「回数内で満足いく程度に完了させたいので」と正直に伝えるのが良いと思います(指定の担当者が付くわけではないので、通院毎に伝えるのが良いかと思います)。

 

「湘南美容クリニックの気になる口コミ」のまとめ

湘南美容クリニックの脱毛患者さんは非常に多く、それゆえ口コミも様々です。

中でも「湘南美容外科の照射出力は弱く効果があまりない」という口コミがありますが、レーザー出力は変更が利くためそれは事実ではありません。

ただ、出力の変更ができるからと言って高いレベルの照射をしてもらえるわけではなく、クリニック側で適切とされている出力で施術してもらいます。

痛みや脱毛具合などこちらの様子によって出力の変更が効く場合、希望があれば許容範囲内でレーザーの調整をしていただけます。

 

湘南美容外科公式サイト