湘南美容外科 脱毛 3回目

ブログの更新も1か月以上ぶりになってしまいましたが、その間に湘南美容外科の無制限ヒゲ脱毛3回目に行ってきましたので体験記を書きたいと思います。

といっても正直なところ施術などの内容はこれまでとほとんど変わりありません。院にいる時間も20分あったかどうかくらいでした。

ただその中でも若干いつもと異なる点があったのでそれを中心にお伝えしていきたいと思います。あとは脱毛しているヒゲの状況もレーザー照射前のものと、今回のレーザー照射後の写真を比較してみてみたいと思います。

 

自宅から通院

駅

いつも通りの通院でもこの時期に気を付けないといけないのは紫外線です。

これまで2回通院していますが案の定日差しが強いことはなく日焼け止めをしなくても問題ないくらいでした。しかしこの時期季節も季節で日焼け止めをしないとすぐに皮膚が赤くなってしまいます。

何度もお伝えしているようにレーザー脱毛では光が黒いメラニンに反応します。日焼けしていると毛の黒いメラニンだけでなく、皮膚のメラニンにも反応してしまうので日焼け止め対策がかなり重要です。

日焼けの具合によってはその日の施術を受けられないこともあるので十分に注意しなければなりません。

 

日焼け止めの指標にはSPFとPAがありますが、通院で日差しを浴びる程度ならSPF30以上、PA++以上あれば十分ではないかと思います。

ちなみにワタクシ青ヒゲ男子はSPF35、PA+++のものを使用しています。

 

湘南美容外科の受付で

洗顔

レーザー外来や脱毛の施術を受けている方は受付を済ませる時にスタッフの方から「本日はお顔に何か付けてますか」と聞かれます。

レーザー照射のケースでは皮膚表面に化粧品成分がついているとそれまでもが間接的に熱をもってしまうため皮膚表面がダメージを受けやすいのと、レーザー照射の瞬間に噴射する冷却ガスが化粧品成分に阻まれてうまく皮膚奥まで届かなくなってしまいます。

そのため化粧水、乳液、クリーム、日焼け止め、コスメなどを顔に付けている場合は院でクレンジング・洗顔を借りて洗い落とします。

 

今回日焼け止めを塗って通院しましたので、受付でそれを伝えて洗顔をお借りして洗い落としました。

タオルも貸していただけるようですが一応自分のものを持参しました。

 

洗顔は入念に

日焼け止めは基本的に夏によく使用されるもので、夏は気温が高く汗もよくかくので日焼け止め成分がそれで落ちてしまわないように生成されています。

ようは日焼け止めはちょっと水ですすいだ程度では簡単に落ちませんのでクレンジングか洗顔剤で入念に洗う必要があります。

綺麗さっぱりと落とすにはまずはしっかりと泡立てること、そして多少時間をかけてもいいのでレーザー照射する部分を入念に洗います。

そしてすすぎも入念に、です。

 

照射前に診断

診断

前回の通院ではレーザー照射前に診断はありませんでしたが、今回は医師による診断がありました。

おそらく季節的に日焼けしやすく、日焼けしている状態だとレーザー照射は火傷や色素沈着の可能性が高まりますので、レーザーを受けても大丈夫な状態か(日焼けしていないか)をチェックされたのだと思います。

 

診断で聞かれたことは

  1. 脱毛の状況
  2. 前回の通院後肌に異常はなかったか

の2点です。

脱は良い感じに出来てきてしますし、肌の異常も特にありませんので診断はすぐに終わりました。

もしも何か脱毛や施術に関して疑問などがある場合はこの時に聞いてもOKです。特に何もなかったのでほんの1分ほどで終わりました。

 

いよいよ施術へ

そしていよいよ3回目の施術です。

今回のレーザー照射出力は前回と同じ5段階中の3で照射してもらいました。前回の照射で結構おヒゲがなくなって来たので、今回の照射でさらに数が少なくなるかなという感じです。

このままのペースで行けば5回終了後には綺麗つるつるになるのではないでしょうか。

 

いつも通りフェイスラインからのレーザー照射で、次にあご下とあごを照射です。

あご髭でも痛みは多少あるのですが、そこまで痛いとは思わないんです。

 

痛いのは鼻下部分の照射です。ここの痛さはなかなか慣れないですね(笑)

痛いので施術者の方も「痛かったら言ってくださいね!」と気を使ってくださいます。まあレーザー脱毛で全く痛くないなんてことはないので、おそらく「耐えられないほど痛かったら」言ってくださいという意味だと思います。

もう既に2回通院して、痛みもどんなものかわかっているので我慢は十分できます。

 

痛みは減っているかも

前回の照射時に比べて生えている髭の数が減っていますので、自ずとレーザーに反応して熱を持つ毛の数も少なくなっています。

つまりそれだけ皮膚で熱を感じる量が少なく、特に前回の脱毛で完全に抜け落ちてそれ以降生えていない部分に関しては痛みは全くありませんでした。

 

今回の照射時であご髭の一部と、上髭の一部はまだ完全に脱毛しきれていないのでこの部分の痛みはあります。

ここに関しても次回かその次くらいにはほと~んど痛くなくなるのではないでしょうか。

 

照射後

軟膏

レーザー照射後はいつも通り軟膏剤の塗布とアイスノンでクールダウンです。

ちなみに終了後は軟膏を塗ってもらっているので照射部分に日焼け止めを塗れないのです。日焼け止め自体多少の刺激になる成分もありますし、軟膏剤も直後に落としていいほど即効性があるものではありません。

なので帰宅時は暑いですがマスクを着用するか、なるべく日陰を選んで歩くかです。

 

それらができずに紫外線を大量に浴びてしまった場合、当日は特別なケアをしない方がいいです(レーザー照射で肌が非常に敏感な状態のため)。

ビタミンCやリコピンを少し多めに摂って体の内側からメラニンの抑制に働きかけましょう。

 

次回予約

帰宅前に受付で次回のレーザー脱毛の予約を取ります。

ただ、どうやら9月は予約がかなり埋まっている状況で、希望していた日よりも少し先の日になりました。LINEで予約の空きを伝えてもらえるシステムもあるので、空きが出たら予約日を変更しようと思います。

次回湘南美容外科の通院は9月ですが、まだまだ紫外線要注意な季節ですので日焼け止めは手放せないですね!

 

ヒゲ脱毛の前後写真

さて、では今回のレーザー照射前の写真と照射後の写真を比べてみましょう!

ますはこちらレーザー照射前の写真です。

2回目 ヒゲ脱毛

5日ほどシェービングしなかった状態ですが、髭が生えている個所がかなり少なくなっているのがわかると思います。

この写真は2回目後の写真と言うことになりますが、2回の照射でここまで効果が出ているのです。

もちろんこの状態で剃ると青髭はほとんど見えないです。

 

そして先日のレーザー照射3回目後の写真です。

ヒゲ脱毛 3回目

状況としては、レーザー照射翌日の夜のもので、一度髭剃りをしました。レーザー照射後はヒゲが損傷していてうまく刃が通らないので剃ってもこんな感じです。

そして鼻下、あご部分にほんのりと赤みが残っているのがわかります。

 

そして口の端に毛包炎が出来ているのもわかります。

ヒゲ脱毛 毛包炎

こう言った脱毛後の肌荒れはオロナイン軟膏を塗布して放置しておくのが一番です。

翌日かその次の日には綺麗に治っているでしょう。あまり下手に潰したり、いじったりすると痕が残って色素沈着を起こしてしまいますので、そっとしておきます。

 

ヒゲが抜けるのは照射2週間後

照射前と照射後の写真を比較しましたが、正直なところほとんど差はわかりません。

ヒゲ脱毛に限らずどんな脱毛でもレーザー照射から2週間前後日を置いてから抜け落ちるものなので、今回の通院でどの程度ヒゲの脱毛が出来たかはまた時間を置いてからお伝えしようと思います。

 

湘南美容外科ヒゲ脱毛3回目の総括

やはり季節だけに日焼けしてないかのチェックもあるのですね。

もちろん初診時にもチェックがありますが、2回目はチェックはありませんでした。まあたとえ診断がなかったとしても施術者の方と顔をあわせるわけで、あまりにも日焼けしているようでしたらその日は照射見送りになると思います。

 

髭の脱毛具合は2回目終了時から実感しており、青髭もかなり改善してきています。

剃った後なんかはまるでヒゲがないくらいに綺麗で、顔の印象としてはかなり若返って見えます(ワタシ自身ヒゲが似合わないのもありますが)。

この調子ですと5回目終了時にはとても綺麗に脱毛できているのではないでしょうか。

 

若く見えるのも嬉しいですが髭剃りをしなくて良くなるのと、それによって肌荒れ・ニキビを避けられるのもとても嬉しいです。

次回4回目の脱毛のためにも日々のケア、特に日焼け対策はしっかりと行いたいと思います!

ではでは、湘南美容外科の通院体験記は次回9月の通院までしばしお待ちを。

 

湘南美容外科公式サイト
 

→ ひげ医療レーザー照射4回目に行ってきました