湘南美容外科 予約

湘南美容外科の脱毛施術は累計で111万件を突破する人気ぶりです。

医療脱毛なので一般的に言われている永久脱毛が可能ですし、なによりも魅力なのが脱毛料金の安さではないでしょうか。

他のクリニックと比べても圧倒的な安さであったり、女性の脱毛の場合は該当部位の脱毛条件を満たすとオマケ(無料)で他の部位の脱毛が出来てしまう嬉しいサービスがあります。

男性の脱毛についてはヒゲ脱毛が最も人気で、4年間回数無制限の髭脱毛は業界でもトップレベルのコストパフォーマンスです。

 

そんな感じで脱毛プランが大変人気な湘南美容外科なので、これから脱毛をしてみようかと言う方は少し予約の工夫が必要です。

というのも、脱毛の予約に関してとりやすい日となかなかとれない日があります。まあそれだけ繁盛しているということですね。

 

ではいつの予約が取りやすいのか、予約を取るうえでのコツなどを簡単にご紹介したいと思います。メンズの脱毛、レディースの脱毛予約どちらにも言えることですので要チェックです。

 

予約がとれる時、とれない時

予約がとれる、とれないと言うと大げさですがやはり取りやすい時期とそうでない時期があるのは確かです。

美容外科を担当しているの広告代理店によれば新規の予約件数は以下のような形で変動するようです。

湘南美容外科 脱毛 予約

ご覧のように脱毛の予約件数は5、6月ごろから増え始めて7、8月にはピークを迎えます。

そしてそこから急激に件数が減り、冬になるとほぼ一定の件数に落ち着きます。

おそらく脱毛の予約をする方の心理としては1回の施術で脱毛(除毛)を済ましてしまおうという考えで、5月か6月ごろに予約を入れて次の月に脱毛処理をしてもらい完了とするのでしょう。

 

グラフの形は1年の平均気温の形とおぼ同じになります。

1年 気温東京都東京の気候(気温と降水量のグラフ(雨温図)】より引用

当然と言えば当然かもしれません。

気温によって着る服も変わり、特に女性は気温が上がると露出が多くなるため、露出箇所を脱毛しておかないと周りの目が気になります。

つまり、湘南美容外科の脱毛に限らず一般的な脱毛の予約件数は5、6月ごろから急激に増え始めるため、その時期ではなかなか予約が取れなくなることがあります。

 

「3か月 + 1か月」前がおすすめ

したがってできるだけ自分の希望の日に予約を取りたいなら、露出が多くなる服を着る「3か月+1か月」前がいいでしょう。

多くの人は「3か月前」と言う数字が区切りよく感じられ、その時期(5、6月)に予約を入れます。例えば夏本番の1か月前に予約を取ろうとしてもなかなか取れないですからね。

「3か月前」よりももう少し早い「3か月+1か月」前に予約を入れることで希望する日時で予約を取りやすくなります。

WEB予約

施術希望日が夏本番前であれば予約自体はいつでもいいので、早いに越したことはありません(ただし医院によっては○ヶ月以上前の予約は受け付けないところもあるかもしれません)。

施術日があまりにも早すぎると(4月など)、夏を迎えた時にはまた毛が生えてきているという事態になりかねません。

なので、施術日に関しては夏本番の1か月前(7月、8月上旬くらい)が適切です。

つまりそこから「3か月+1か月」前になるので、予約を入れるのは3月か4月ごろが無難で、その頃なら問題なく希望の施術日で予約が取れるでしょう。

 

永久脱毛の場合はとりあえずお早目に

c47

さて、上記の例は「1回で脱毛処理を済ませてしまう」場合、つまり除毛にとどまる処理での話でした。

しかし湘南美容外科の永久脱毛になると1回の通院では終わらず、脱毛のために何度も通ってレーザー照射を受ける必要があります。

女性のように薄い体毛でしたら5回程度、男性の体毛でも5回程度、濃いめなら5~10回の処置が必要です。

湘南美容外科では体毛の場合、照射から次の通院まで2か月以上空けるように決められていますので、脱毛完了までに10か月以上はかかると考えるべきです。

 

夏つまり、永久脱毛を考えている場合、夏の季節に合わせて完了を目指すのは非常に難しいです。

それでも季節に合わせた脱毛完了を目指したいならその1年半前に予約するのが良いでしょう。

例えばちょうど夏に脱毛完了させたいならばその1年前の2月か3月ごろに最初の予約・施術を行います。2、3月ならばまだまだ寒く予約も割と取りやすいと思います。

季節に合わせて、というのは難しいかもしれませんが参考にしてみてください。

 

レーザー院と通常院の予約

湘南美容外科 レーザー院

湘南美容外科で全国に展開されている院では「○○レーザー院」と通常の「△△院」の2つの種類に別れています。

レーザー院と名前の付く院はその名の通りレーザー治療や脱毛に注力している院のことです。一方通常の△△院ではレーザー治療以外にも注力している院です。

で、これが予約にどう関係してくるのかと言いますと、レーザー院では「男性歓迎」とされており、文字通り男性の予約者が多いです。

また男性の髭脱毛ではレーザー院で施術を受けると通常の院の価格よりも安くなるので人気が高いのです。

 

つまり、レーザー院では男性が多いゆえ、サラリーマンの方なども通院されており土日の予約が非常に多いそうです。

そのため土日での予約が取りにくいです。

一方で通常の院では女性客も多いため土日はレーザー院ほど混んでいないそうです。

 

もしもレーザー院希望で平日の通院が可能なら土日は避けて予約するのが良いでしょう。

レーザー院で土日でも予約は可能ですが、ワタシが受付で聞いたときは3か月先までいっぱいですと案内されました。

幸いなことにワタシは平日も休みがあるので平日で予約を取りましたが、レーザー院でどうしても土日で予約を取りたい方は3か月程度先を見ておいた方がいいかもしれません。

 

夏の予約は要注意

脱毛 夏

予約が取れる時期、取れない時期に関してはそんな感じです。

そして予約の取り方以外にも注意すべきことが。

 

湘南美容外科では医療レーザーを使用し、これは黒いメラニンに反応して熱を持たせてダメージを与えます。

黒いメラニンを持っているものと言えばご存知の通り「毛」です。逆にメラニンを持っていない(含んでいない)個所にレーザーを照射しても反応しません。

つまりレーザーは毛には反応して、肌には反応しない画期的な脱毛の仕組みがあるのです。

しかし、メラニンであればどんなものにも反応してしまうので、たとえば日焼けした皮膚(日焼けによる黒さの正体はメラニンです)にレーザーを照射するとダメージを与えます。

もちろんダメージを受けると肌荒れや火傷の原因になるので照射ができません。

 

日焼け止めつまり何が言いたいのかといいますと、夏に脱毛処置を予約している時は、その個所が日焼けしないようにケアする必要があります。

女性は夏は日焼け止めを常備する方が多いですが、男性は気にせず日焼けしているでしょう(ワタクシも全く気にしていませんでした)。

脱毛希望の個所が日焼けしてしまうとレーザー照射によってダメージを受けるので、湘南美容外科では照射できないとされることもあります。

そうならないために、夏に予約しているのならしっかりと脱毛個所に日焼け止めを塗って、レーザー照射に差支えがないように心掛けなければなりません。

 

普段日焼けなどほとんど気にしない人にとっては面倒ですが、うっかり日焼け止めを塗り忘れて焼けてしまわないように気を付けましょう。

 

湘南美容外科の脱毛予約まとめ

  • 脱毛の予約が多くなるのは5、6月ごろから
  • できれば3月か4月には予約を完了させておく
  • 永久脱毛の場合は季節に合わせて脱毛完了させるのは難しい
  • 湘南美容外科のレーザー院は土日予約がなかなか取れない
  • 夏の予約・施術では日焼け止めケアをしっかりと

 

湘南美容外科公式サイト