レーザー脱毛

暑い暑い夏も過ぎさったもののまだ残暑がある9月、湘南美容外科クリニックのヒゲ脱毛4回目に行って来ました!

4回目の通院になるので「いつも通り」の内容になり、緊張もなにもありません。一応日光には気を付けなけて紫外線対策をしなければなりませんが、8月に比べるとその量も大幅に減るので神経質にならなくても大丈夫です。

 

通院前の準備

8月の通院時はさすがにマスクをしていくのは暑かったので日焼け止めをして、湘南美容外科の方で洗顔を貸してもらい日焼け止めを落とすという流れでした。

ただ9月の今回は気温もそこまで高くありませんし、季節の変わり目で体調を崩しやす方も多いようで、マスクをしている人が結構いたので自分もマスクで口周りをカバーして行きました。

ブログでは何度も言っているように、医療レーザー脱毛をする時は肌に何もつけていない状態にしなければなりません。女性のお化粧も同じで、フェイシャル脱毛をするなら直前にクレンジング、洗顔で落とす必要があります。

 

汗はかいても大丈夫?

で、マスクをしていると気になるのが汗です。ワタクシ青ヒゲ男子はよく汗をかく体質で、涼しい中でもマスクをしていると口周りだけ汗をかくことがあり、今回もそうでした。

汗も成分といえば成分ですが、人間が本来持っているべきものなのでレーザー照射にはほとんど影響ありません。

日焼け止め、化粧といった類のものは皮膚に一定の膜を作って美容に活かすので、レーザー照射の熱が毛を伝って膜にまで影響し、膜に面している皮膚が一定のダメージを受けてしまうためNGなのです。

汗も皮脂膜と考えれば膜です。しかし日焼け止めや化粧に比べると成分は非常に単純で毛を伝って肌にまで熱を届ける役目もありませんので問題ありません。

したがって、汗はあまり気にする必要はないです。

 

いざ湘南美容外科へ

受付

そんなこんなでマスクをしつつ湘南美容外科に向かい、受付を済ませて待機です。

今回は通院した時間が時間だったせいか患者さんが多く、しかもいつもはあまり見かけない女性の患者さんも何人かおられました。

待合室にいる方がいつもよりも多かった気がしたので施術までに待ち時間が長いのかなと思いましたがそうでもありませんでした。

 

お店でも病院でも同じだと思いますが、湘南美容外科では予約した時間の分ほど10分ほど前に受付を済ませるシステムです。

そして予約時間か、予約時間をちょっと過ぎたくらいにヒゲ脱毛のレーザー照射が開始になります。忙しい時は予約時間から10分ほど遅れることもありますが、今回は受付を済ませてすぐでした。

 

施術

施術に関しては少しいつもと違う点がありました。

 

それは出力です。湘南美容外科ではおそらくどこの院でもそうだと思いますがレーザーの出力を5段階に分けて選択されていると思います。照射を受ける時に説明されていると思います。

初回は5段階中の2で、2回目3回目の時は3で照射してもらっていました。

 

そして今回は施術前に看護師の方から照射のレベルを一段階上げることも可能ですよとお話ししてもらい、特にこれまで肌に異常がなかったので上げてもらうことにしました。

出力が上がれば威力が強くなるわけでもちろん効果が高まります。しかしその分皮膚が受けるダメージも大きくなるので、その辺の説明も簡単にしてもらいました。

説明の内容でOKだったので、もう一段階上げた4で照射を開始です。

 

出力を上げた照射

出力が3→4になり、そこそこ強いのでこれでいきなり口周りに当てていくわけではありません。テスト照射と言う形でそのレベルで数回だけ照射して痛みを確認します。

ワタクシ個人としては出力が2の時も3の時も、今回の4でも痛みに変わりがなかったのでそのままお願いしました。

当然4の方が威力が強くて痛みが増すはずですが、2でもそこそこ痛かったのと、レーザー照射の痛みを知っているせいか違いがわかりませんでした。

痛いのは痛い!ですが、たぶん4→2に戻したとしても同じ程度の痛さに感じると思います。

 

もちろん照射レベルを上げたことで痛みが増してとても耐えられない!というのならその場で伝えればすぐに出力を変更してもらえます。特に鼻下は何度やっても痛いので、我慢できそうになければ素直に伝えましょう。

照射出力を上げて1回で大幅な効果を期待するよりも、地道に何度も照射を受けて徐々に脱毛していく方が適切なので出力にこだわる必要はないと思います。

 

施術終了~いつも通り

選択しているコースは無制限髭脱毛(口周り+あご下+フェイスライン)で、レーザー照射時間はほんの5~10分ほどで終わりました。多分10分はかかっていないです。

終了後は例のごとく軟膏剤を塗ってもらい、冷却剤で口周りを冷やして腫れが広がるのを抑えます。

美容院で髪の毛を切ったあとに後ろ髪の出来具合を手鏡で見せてもらうように、照射したヒゲ部分を手鏡で見せてもらいます。照射後はやはり赤いですね。

直後から急にできものができたりするわけではなく、叩かれた後のように赤い感じです。

 

次回予約

受付で次回の予約をして帰ります。

今回で4回目が終了し次回は5回目です。5回目からは次の照射まで2か月以上空ける必要があるので11月に通院です。11月の紫外線量はぐっと落ちますが、天気が晴れていても晴れていなくてもマスクがいる季節ですね。

11月まで2か月あり、その間にヒゲがどのような変化を見せてくれるか楽しみです。

 

もう何度も何度も髭脱毛に通ったような感覚ですがまだ4回しか行ってないんですね。4年間有効なコースなので、今後も焦らずじっくりと経過を見ていきたいと思います。

 

髭の状況

さて、肝心の髭の状況です。まずは3回目終了後の髭の状況を見てみましょう。

脱毛 3回目後

こちらが3回目のレーザー脱毛をしたあと、髭を伸ばして撮った写真です。産毛が多くなり伸ばした状態でも綺麗になっています。

 

そして今回の照射6時間後くらいに撮った写真がこちらです。

4回目 数時間後

3回目の写真に比べると、少しヒゲが生えている個所が増えていたり、毛が濃くなっている個所があります。特に口の端の方やあご辺りで目立ちます。その個所に濃いヒゲがあるので、赤みもその辺に集中しているようです。

要は前にきちんと脱毛できていた場所からまた生えている、ということです。

 

これについて今回の通院で聞いたみたところ、一度抜けてからそれ以降生えてこない毛穴もあればまだ生えてくるものもあるとのこと。違いは毛穴がレーザー照射によって損傷して毛の再生能力があるかどうかによるようです。

なので今回の照射後の写真のようにまた生えてきている部位については、脱毛はできたもののまだ毛穴で再生能力が生きていたためにヒゲが再度出てきた、と言うことになります。

 

ここまでの照射で3回目後の写真のような状態がずっと続くのかなと思いきや、まだもうちょっと損傷させないと永久脱毛にはならないようです。そのため4回目の施術では出力を上げたのかもしれません。

ただ、4回のレーザー照射でここまで綺麗に脱毛できているのもなかなか珍しいようで、先行きは明るいとのことです。先行きは明るいって(笑)。まあ通院もまだ4年間中の半年ほどしか消費していないのでzっくりと経過を見ていこうと思います!