もう4月になったんですねー、早いですねー。昨日はエイプリルフールでしたが何の嘘もつくこともなく一日終わりました。

 

さてさて毛抜きをしてから9日経ちました。1週間以上も時間が経過しているのでさすがに芽が出始めてきています。

特に顎あたりを指で軽く押すと奥の方でほんの少しチクっとする感覚があります。9日目にしてようやく目で確認できる程度なので、毛抜き後1習慣くらいには毛穴の深部でもう毛が作られていたのでしょうか。

気になったので出来かけの毛を出してみた

こうやって伸びている最中の髭ってどんなものなのかなと疑問に思ったので毛穴から無理やり出してみました(笑)。もちろんこういうことはやらない方がいいです。

ちょうど両手の人差し指でニキビを挟んで潰すような形で奥の方にある青黒い出来かけの毛を抽出してみました。

これがその出来かけです。

b170

黒い点々が出てきた髭です。長さとしては1mmもないくらいで、まだこの状態では固くありません。

毛を抜くと根の方にプニプニした毛球がついてきますがそんな感じです。まだ角化していないので柔らかくて、指の上で転がすと粉々に散らばってしまって色素が付着します。

時間が経つとこれがどんどん角化していき頑丈で厄介な髭になるのですね。

まだ毛穴から出てきていない毛でもすでにチクチクしているものは角化しています。ほんの数日もすればまたこれと格闘する日々です。

 

一度髭を全部抜いてわかったことは、抜いて一時的に綺麗になっても10日も経てばまた元に戻ると言うことです。個人差がありますので早い人は1週間くらいでまた芽が出てくるでしょう。

誰かと会うために身だしなみを整える意味で髭を抜くなら、その日の3、4日前くらいに抜くのが良さそうです。

前にも写真でお見せした通り抜いた翌日、翌々日はまだ肌にダメージが残り赤くなっていたり、毛包炎・ニキビができやすいのでそれくらいのタイミングがいいのです。

まあこのあたりのさじ加減は一度ご自分で実験されてみると良いでしょう。

 

産毛がかなり伸びてきた

こちらが毛抜き後9日目の写真です。右手に見える赤いできものの個所はご存知埋もれ毛があります。時々いじってるのでまだ赤いです(笑)。

b169

写真をご覧になってわかるように産毛がかなり伸びてきました。それゆえ少し髭の個所も青くなってきたのがわかります。

毛抜き後の写真を並べてみるともっとわかりやすいです。

b147

毛抜き直後とその3日後の写真です。

 

髭 産毛

こちらが後5日後の写真。

 

髭 産毛

そして本日、9日後のものです。その個所をいじっているせいなんですができものが全然治ってないですね。こうやって並べてみると産毛が伸びているのがよくわかります。

これらの産毛は今はまだ細くて剃ればほとんど気にならなくなります。しかしそれを繰り返しているうちに産毛ではなくなり立派な髭に変身します。

男性の髭は50代ごろのピークまで成長し続けますから本当に厄介です。

b168

赤くなっているので埋もれ毛がどういう状態なのかよくわかりません。とりあえずまだ出てきません。発見してから9日経っても出てこないと言うことは、もう出てこないと見切ってもいいのでしょうか。

でもあまり顕著に傷つけたくないのでもう少し待ってみます。

 

パイナップル豆乳ローションはまだちゃんと続けていますが、おそらくあと1週間もすればなくなります。髭が生え切る前になくなってしまうとどれくらいの効果があったのかがわからなくなるで、ここからは少しずつ使おうか悩み中です。

今のところこの豆乳ローションでわかったのは、毛抜き後に毎日使用して毛包炎やニキビなどのできものが非常に少なかったということです。これの成分にエタノールが入っておりうまく殺菌しながらアフターケアできたのかなと思っています。

 

肝心の抑毛については謎ですね。はっきり言って今のところは抑毛の効果は感じられないです。ホームページにも数か月は使ってほしいみたいな事書いてましたけど、続けるべきなんですかね。

今の分を使い切ったら次どうするかは検討中ということで。

 

ところで髭剃りジェルでありながら抑毛もできる「ゼロファクター」ってのはどれほどのものなのか気になります。髭の抑毛を謳っているものは多いですがどれが一番の本物なんでしょうねー。

ではでは今日はこの辺で!

 

← 前へ      次へ →